<   2016年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

目眩改善体操

b0252727_21261178.jpg

病院で練習させられた目眩改善体操
そのうち効いてくるのかなあ…期待して午前と午後始めた…☝(๑’ᴗ’๑)
今は…まだまだ…༼༼@_@;༽༽ 船に乗ってる感じ…1,2…1,2…


                          015.gif023.gifよけい目が回っちゃうんだけど…
[PR]
by time2022 | 2016-01-31 08:44 | 日記

また…目眩…

b0252727_335956.jpg

数日前から目が覚めると目眩がしていた…でも、起き出すとおさまっていた
しかし、昨日は起きても寝ても渦潮に巻き込まれたような目眩…༼༼@_@;༽༽ 
コレステロールで血が止まって脳梗塞になってるんだ、きっと…目眩の中で…不安
午後になってもおさまらない…ベッドの中であちら向いてもこちら向いてもグラッと回りが揺れる…o( ≖ˇ﹏ˇ≖)o
前もこんな事があった…タクシーで病院まで駆けつけた…MRIまで撮ったけど何でも無かった
病院に行く事を躊躇してるうちに午後の受付時間は過ぎて行く
これからは救急になっちゃうなあ…救急に行くのはちょっと気が引ける
こうなったら、夜中何かあってもしょうがないな、もう覚悟を決めよう
誰が私を見つけてもおかしくない格好をしておかなくちゃ…寝巻だけ好きな寝巻に取り換えて
もう…目が覚めないかも知れない…部屋の中の好きな物たちにいろいろありがとう…そう思って寝付いた

朝、無事目が覚めた…生きてる…でも、目眩は相変わらず
早々に車を呼んで病院に行った

「脳に異常はありません」だって!థ౪థ
「ぐちゃぐちゃじゃありませんか」「ぐちゃぐちゃじゃありません」だって!
耳から来てるらしい…とても時間を取って説明してくれた
「治るまで通院します」って言ってら「通院しなくていいです、それより運動をちゃんとして水を飲みなさい」だって…
また、そう大した事ではなかった…私って大袈裟なのかな、少し…。◔‸◔。 救急で入らなくて良かった
みんな大変な病気で来てるのに呆れられるとこだった◞‸◟ㆀ


                            015.gif039.gifでも…まだ目が回るよ
[PR]
by time2022 | 2016-01-29 04:30 | 日記

侘び、寂ってさあ…

b0252727_13411227.jpg

撮り溜めた写真をめくってはブログに載せる写真を選んでいる
何の整理もされていないので40年前であったり、10年前であったり…時が前後するのだが…
でも、どの写真もあの時の写真だ…と、瞬時に、ほぼ確実にわかる
ところがこの写真は数か所浮かんできて、どこだったかが判然としない
A4サイズのファイルの中にあった写真
夫が手撮りするカメラの”パシャ~ン、パシャ~ン”と静かに鳴るシャッター音に「いい音だな…お前は…」とカメラを愛でたのも、
その時の服装も、「侘び、寂ってさあ…」と夫に話しかける自分の間抜けた会話まで思い出されるのだが…
無縁坂の近くか…芝神明だったか…もう一つは…とんでもなく遠い場所なのだ
記憶として何の共通点も無い
どこだったのかなあ…。◔‸◔。此処…


                              023.gif039.gifあそこかな…あるいは…
[PR]
by time2022 | 2016-01-26 09:18 | 日記

雪予報

b0252727_21301630.jpg

ニュースを見ていたら、この雪注意報で食料品店などで品薄状態になってると伝えていた
それは雪深い地方の事だろうが…
でも「数十年に一度の大寒波」らしい…し、急に不安になった
海辺の町はチラつく程度と予報されているのだが…何が起こるか分らない…
停電になったら暗い中あたふたするのは嫌だと思ってとりあえず部屋の真ん中にカセットコンロを出してきて点くかどうか試してみた
暖房は全部電気で停電が何時間も何日も続いたら…༼༼@_@;༽༽ …どうなるんだろう
食材は数日は食い繋いでいけるだろうけど…
小さな防災用の手回しで電気が点くライトも出してみた
バスタブのお湯も流さないようにしておこう…

でも…予報はチラつく程度だからね…o( ≖ˇ﹏ˇ≖)o…でも…不安


                          025.gif046.gif…ちょっと大袈裟
[PR]
by time2022 | 2016-01-24 07:56 | 日記

gold

b0252727_1312424.jpg

久しぶりのハンバーグ、玉ねぎをたっぷり入れたハンバーグ…血液がサラサラになるかな~♥♬今日の一品

お正月用の器がバーゲンに掛っていたので…どれも可愛くて夢中になってしまった
クリスマス用の食器も可愛いけど…お正月用の和の器も可愛いの…๑→ܫ←p~♥
このゴールドのお皿…金色だって…買ってしまった…シルバーも…o( ≖ˇ﹏ˇ≖)o
でも…ちょっと金色可愛いでしょ?…銀色も可愛いの…꒰ღ˘◡˘ற꒱❤⃛


                             012.gif025.gif考えてみたら私…断捨離してたんだ…´~`
[PR]
by time2022 | 2016-01-22 08:34 | 日記

b0252727_7483792.jpg

週末に又雪予報…
暖冬、暖冬と言われても冬はやっぱりやって来るんだね
何処かで心待ちしてるんだけど、沿岸部は又雨らしい…
雪…降らないかな~꒰ღ˘◡˘ற꒱❤⃛ 小さい声…ちょっと…後ろめたい
だって、雪の中何時間も電車待つ人の列見たら…言えないよ…大変な事だもの
そんな世間が大変な時に…
温々…婆女の見た夢は、パソコンを教えてもらってる夢を見た…
何処か学校のような…大勢の人が働いてるような…暮らしてるような…
階段の踊り場のようなところで先生と一対一で始まった…が、教えを乞う人が一人増え二人増え…そして重なるように鈴なりになった
私が先生を呼んで始めたお稽古ごとが満員御礼になった事が誇らしく…先生にも顔が立ったと達成感を感じてる…そんな夢だった
夢占いの人に何か言われそう…意味を含んだ夢のように思った
深層心理、自分で分析…えーと…隠れた自己顕示欲…カナʅ(。◔‸◔。)ʃ…さぁ?
フロイドの夢分析だとみんな欲求不満になっちゃうのよね…。◔‸◔。


                            015.gif039.gif雪…降らないかなあ…
[PR]
by time2022 | 2016-01-20 08:52 | 日記

鏡開きの日は…

b0252727_129625.jpg

鏡開きの日には母は固くなった鏡餅を金槌で割って、お汁粉と大根おろしの絡み餅を作った
朝から楽しみで、グツグツお鍋の中で煮あがる小豆を何度もふたを開けて眺めて怒られたりした

今は井村屋のあずき缶が保存食の棚に5缶ほど常にあるし、お餅も大好きなので欠かしたことが無いし
大好きなお汁粉は常に、年中食べている
あの頃の自分が見たら羨ましがるだろうね~(๑´ლ`๑)フフ♡
でもね…お正月が終わったんだからそろそろ…お餅と縁を切らなくては…大変な事になる 
ლ→ܫ←ლ…分ってる! 寒さに負けて散歩も行ってないし…大変な事になる

昨日から雷鳴がとどろいて沿岸部は、雨風強し…
都心は積雪5センチだって!海辺も雪降らないかなあ…꒰ღ˘◡˘ற꒱❤⃛ 家籠りは気楽なこと言うよね
外で働く人は大変だよね…スンマセン

※バス事故で命を落とされた方々のご冥福をお祈りします
 横転事故が何故あんなに多くの犠牲者を出したのでしょう
 たくさんの夢や希望に満ちていたのでしょうに…繰り返されますね…残念です

b0252727_12142940.jpg

                             043.gif045.gifすぐ食べれるのも考えもの
[PR]
by time2022 | 2016-01-18 08:11 | 日記

大漁旗

b0252727_595656.jpg

大漁旗を掲げて漁船が次々と出て行く…これが漁村の正月風景だ
漁村で育った人々はこれが昔からの風習で気持ちが高揚し新しい年の始まりを感じるらしい
「これが無くては始んねえよ…」と見送るおばさんは“胸がキュンとする”と誇らしげだった
余所者には綺麗ではあるが内から迸るようなキュンとする想いは無い

終活に忙しい私は歳時事も簡略して柚湯の時に“みかん”を浮かべたりしたことを少し反省
母が伝え教えてくれた事を、誰にも伝えられないけど今年は守ってみようかな…。◔‸◔。
七草粥の時に卵粥にしちゃったけど…o( ≖ˇ﹏ˇ≖)o
恵方巻きは母の時代は無かったけど…恵方巻きだけは食べる気満々なんだけど…
あれこそ降って湧いたような風習だよね…ˇε ˇ
太巻き寿司一本の筈なのに、最近はロールケーキでもいいらしいし…巻いてあればいいって事か…
じゃあ…卵でも“お粥”ならいいって事ね…じゃあ同じ柑橘類だから“みかん”でもいいか…ナンダ…。◔‸◔。
形式に囚われなくていいって事ね…数々、後ろめたっかったけど…良いのか…な?
形式美って死語になったのかな…そうなると…拘って見たくなるよね…天邪鬼だからね。◔‸◔。


                   039.gif菖蒲湯の時ハーブの入浴剤入れちゃいそう…046.gif
[PR]
by time2022 | 2016-01-16 06:31 | 日記

一番大きな出来事

b0252727_7163315.jpg

コンビニに行ってアップルパイを買ってきて食べた…
人に意地悪もされなかったし、人に意地悪もしなかった…お正月の飾り物を片した 
良い天気…雲一つ…何も無い日だった

ただ…「相棒」の脚本家が変わったとネットに小さく載っていた…私にとって、今日一番大きな出来事…嘘!థ౪థ


                       015.gif039.gifやっぱりな…
[PR]
by time2022 | 2016-01-14 07:44 | 日記

記憶

お正月番組で久しぶりに山口百恵の歌う姿を見た…私はテレビの前に座り込み、ある少女の事を思い出した

私がまだ小さい頃の事である
まだ各家庭の電話の普及率が万全では無く、電話のある家は緊急の場合など近所の電話の取次ぎを頼まれていた
日常的に電話が掛って来る家もあったが、時たま交流の無い家への電話があったりして、ちょっと歩いても呼びに行ったりした
その頃は相身互いで助け合うのが普通だったのだと思うが、知らなくていい家庭の事情まで知ってしまったりした
その時は、Aさんの家の人を電話口に呼んでほしいと警察から連絡が入り、母は煮物の火を消して、慌ててAさんの家の人を呼びに行った
警察の名を明かして呼び出しを頼むなんて今は考えられない事だが、電話は実は初めてではなく、慌てて駆け付けたAさんのおばさんがこれ以上頭が下げれないほど電話機に頭を下げているのを、私が廊下から見ていると、母は私を部屋に引きづり込んで障子をぴたりと閉めて電話を聞かないようにしていた
電話が終わると「すいません、ありがとうございました」と声がかかり「奥さんちょっと…」と呼ばれて母は何も無かったように出て行くと、事情をちょっと聞かされて近所に言わないでほしいと口止めをされていたらしかった
それは、Aさんの娘の長女である”お姉ちゃん”が警察に補導されているので保護者に来て欲しいという警察からの連絡だった…と思う
おばさんが帰ると「ねえ…お姉ちゃんがどうしたの?」と母にくっ付いてまわったが「大人の事ですよ…子供が知らなくて良い事なの!」と相手にされなかったが、今思えばあ~そうだったのかと思える事がある
子供で深く理解ができなくても、何となく近所の噂やらで薄っすらと訳は感じ取っていたと思う
“お姉ちゃん”とは中学を出たぐらいの年齢で切れ長の目で山口百恵が凄味を聞かせたような顔立ちで
「手が付けられないどうしようもない…年中喧嘩で警察に掴まっているらしい…」とか「娘の入れるお金で一家が暮らしているらしいよ…」とか、そんな様々な噂が近所で囁かれた
Aさんの家は“お姉ちゃん”の下にちょっと年の離れたちょうど私と同じぐらいの年齢の子が年子で男の子、男の子、女の子と3人いた
おじさんは何かの職工さんで洋服を着ているような手首から足首まである刺青をしており夏になると大きな木綿のパンツ一枚で家の前に縁台を出して隠す風も無く背中を向けて涼んでいた

夏の暑い盛り、家の前で盥に水を入れて弟妹たちを裸にして水浴びさせてる“お姉ちゃん”の後姿が見えた
私は道路の端っこを歩きながらキャッキャキャッキャと燥いでる弟妹たちを見つめていると、“お姉ちゃん”が私を見て手招きをした
私は吸い寄せられるように躊躇う事なく歩いて行ったと思う
大人の中で育った私は、きっと遊んで構ってもらっている子供たちの姿が羨ましかったのかも知れない
“お姉ちゃん”は私のパンツの裾にスカートを挟み込んで濡れないようにして、縁台に座らせ盥の中に足を入れて足をきれいに洗ってくれた
そして足の裏をクチュクチュと擽ったのでキャッと肩をすぼめてもっと擽られたので、普段出した事の無いような声でキャ~キャ~と燥いだ
そしてみんな盥に立たされて水を掛けられたり擽られたりされて構ってもらって、私も弟妹たちと一緒にキャ~キャ~燥いで騒ぎまくった
やがて「はい終わり!」って“お姉ちゃん”が片付け始めたので、盥から下りると、私を抱え込むように腕を回して足をきれいに拭いてくれた、その時“お姉ちゃん”からとっても好い匂いがして大人の女の人の感じがした

Aさんの家と近所とは何か少し距離があり、親しく付き合ってる家はいなかった
戦後まだ十年も経たない頃で急速に復興が進んでいて、焼け跡に小屋のような家が仮に建ち並び、以前から住んでいた住民との軋轢があったのかも知れない
私も同じくらいの年の子がいるわりには遊んだことが無かったが、その事があってから私は、弟や妹たちとたまにAさんの縁台で混じって遊ぶようになった
たまに家に帰ってくる“お姉ちゃん”とも顔を合わせた
そうするとアメリカの兵隊さんが着てるみたいなジャンパーから飴やガムを出して弟や妹の手に載せ、私にも隔てる事無く掌に載せてくれた
お姉ちゃんは微笑むけどあまり口を開けたのを見たことが無かった
チラッと見えると銀歯か…?何か歯並びが黒ずんで見えた
乱闘で前歯を全部折ったとかそんな事をもっともらしく話すおばさんもいた
ある時、母から「Aさんのウチに遊びに行ってるの?」と聞かれ「人のお家で物を貰って食べてはいけませんと言ったでしょう」といつに無く恐い顔で叱られ、行ってはいけないとは言わなかったが…それからだんだん行かなくなってしまった

夏祭りは、娯楽の無い頃で一大イベントだった
昼は子供たちの引く山車が出て子供神輿が出て、宵からは大人神輿が出てお囃子が鳴り響き一日賑わった
特に男も女も一緒に担ぐ混合神輿が人気で家の前を通る時はみんな家から出て見物した
私はその中に男に負けない勢いでお神輿を担ぐ“お姉ちゃん”を見つけて繋ぐ母の手にぐっと力を入れてた
目の上を真っ青にアイシャドウを塗って、いつもの“お姉ちゃん”と違っていた
細い肩に胸を潰すように晒しをギュッと締めて男に負けじと「ワッショイ!ワッショイ!」と荒ぶれるように担いでいた
やがて、家の前に立っていると“お姉ちゃん”が男の担ぎ手の人達に囲まれて帰って来るのが見えた“お姉ちゃん”は通り過ぎて行く時チラッと私を見たが無表情で前を見て男の人達に交じって歩いて行った
徐々に片付けられる祭りの灯りの中に消えていく背中を見えなくなるまでずっと見ていた

山口百恵がデビューした時…一瞬にして記憶の一端が蘇り、あれ?“お姉ちゃん”じゃない…と思ったが年齢的にそんなはずも無く、真っ青にアイシャドーを塗った顔を思い出していた…“お姉ちゃん”の影ある顔に良く似ていた
そのうちすっかり“おねえちゃん”の顔が山口百恵そのものになってしまい、今は実像は思い出せない
あの頃大人だと思った“お姉ちゃん”はまだ15,6歳の若さできっと大人より一回り小さかったに違いないが…
それからも警察から電話があり…決して口をあけて笑わないお姉ちゃんは確かに武闘派だったんだろう…

それから間もなくおじさんが仕事先の事故で亡くなり、消える様に一家がいなくなった
そして空家になった家が取り壊され、その前を通るたびに…こんなちっちゃな所にみんなで住んでいたんだなあと、子供心にも何か切ない思いをした
不良少女と呼ばれた“おねえちゃん”の弟妹を可愛がる子供好きの無言の優しい笑顔を想った
成人式の狂騒を見ていると、日本の平和も何か虚しい…
何かあの頃の人間と、今の人間て…質がまるで違うなあ…私には無口な“お姉ちゃん”は菩薩のようにさえ思えるのだ

b0252727_21225697.jpg


                             025.gif023.gif
[PR]
by time2022 | 2016-01-12 07:12 | 日記

2017年 11年目の海辺暮らしとなりました       黄昏て70才 撮りためた写真でその時思った事、今思う事等を、書き綴っていきますブログ内の写真イラストの使用を禁じます

by time