<   2015年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

かき揚げ

b0252727_16365861.jpg

お腹が空いていて…すぐ食べたくて…でも色が綺麗に揚がったので…一枚撮って・・・
お蕎麦に乗せてすぐ食べた!☝´∀`✌
美味しかった!~♪
でもお腹が満たされると…ちゃんと撮れてるかなあ~もっとちゃんと撮れば良かったな~心配
あ~見事にボケボケ༼༼๑→ܫ←p༽༽ わかる?辛うじて…?…海老のかき揚げ…今日の一品!


                         015.gif023.gif
[PR]
by time2022 | 2015-06-29 05:30 | 日記

b0252727_3242477.jpg

天に昇っていきたいのに引っかかっちゃった感じ?
ドジだね~ฺ´∀` 思う通りに行かないのよ…それが人生よ
ジタバタしないでその場でしばらく楽しんでいきなよ…(๑´ლ‘๑)フフ♡
ちっとも楽しくない?…好いの好いの…ドジなあなたを見付けて楽しくなった人がいるんだから…アタシ~!。◠‿◠。✌
これって…ちょっと…人の不幸は蜜の味って感じ…?違う…?
私もだいぶ蜜を配って歩いた経験がある…
あゝどうしてあの時あんなショボショボと泣き言言ってたのかなあ…→ܫ←ㆀ

でも楽しんでもらえばそれで良しとしよう…ね、ドラゴン君 。◔‸◔。



                             041.gif060.gif
[PR]
by time2022 | 2015-06-27 06:44 | 日記

隣人

b0252727_5391144.jpg

エレベーターで一緒になったお爺様
私達がこのマンションに来るようになった頃から矍鑠と住んでいらした
あの頃…私達はセカンドハウスでこの部屋を使っていて常住はしていなかったのだが
ガタイの良いご老人で、ロビーで新聞を読みながら、出入りする人間にじろりと眼孔鋭く視線を投げていたので印象的だった

エレベーターが開くとジロリ一瞥して乗って来て、すぐ背中を見せた
“あゝあの人だ…ずいぶん小さくなったな”一回り小さく様変わりしていた
暫しお互いに無言だったが
「雨だれの音が聞こえないので…淋しいね」
突然、背中で話されたのでちょっとびくっとして
「…雨だれの音?…昔は木造家だったから…」…聞こえましたよね、そお言おうとして
最後まで言わないうちに一階に着いた
お爺様は最後まで顔は見せず片手をあげて、ちょっと頷くと…雨の降る入口へと歩いて行った
私にもあの頃は…何て思える隣人がいた…ෆ⃛ (๑’ᴗ’๑)۶✐¯:.*೨✧ちょっと嬉しい


                           043.gif023.gif
[PR]
by time2022 | 2015-06-25 06:26 | 日記

肉味噌炒め二品

2枚で100円に値下げされた厚揚げを買ってきた
独り暮らしなので量は必要ないのでなるべく新鮮な長く持つものを買うつもりでいる…が
大好きな厚揚げが値引きになってるのを見過ごせない!…ლ>◡<ლ~❤
でも…きっと賞味期限ぎりで安いのだろうから、急いで食べなくちゃ…ლ ◔౪◔)ლ
1日目は厚揚げとキャベツとの辛肉味噌炒めを作った
b0252727_20135172.jpg

2日目は厚揚げと茄子の甘肉味噌炒めを作った
b0252727_18255015.jpg

食材も似てて出来上がりがそっくり!
だけど、辛肉味噌炒めの時はししとうのお尻を切ったけどビジュアルが悪いのに気がついて
翌日の甘肉味噌炒めの時は手でヘタだけ切った…これが微妙な違い(๑´ლ`๑)フフ♡
甘いのと辛いのと味は真逆…どっちかなあ…ʅ(。◔‸◔。)ʃ
まとめて2品の味噌炒めが今日の一品~❤☝(๑’ᴗ’๑)✌

ブログ友さんのにゃんこが帰って来ないと聞いて…心配してたら
帰ってきたんですって!…良かった…・。◠‿◠。✿
会った事も抱いた事も無い猫ちゃんだけど毎日画像で会っていたら
やはり情が移っていたのね、どこで何してるんだろうって心配しちゃった…´◠`
帰ってきたって良かった!!!


                            043.gif070.gif   
[PR]
by time2022 | 2015-06-23 05:58 | 日記
b0252727_2223994.jpg

さくらんぼは夫の大好物でひょんなきっかけでそのさくらんぼ農園から毎年便りが届くようになり
夫へのプレゼントのような気持ちで毎年取り寄せた
届くと氷を張った大きな器に山盛りにしてベランダに出て二人で上機嫌で口と手をビショビショにして呆れるほど燥いで頬張った
あの恒例の二人の行事も夫を亡くしてからは辛い思い出となり…
それから5年、一度も注文していない
なのに今年も「美味しく出来ました~注文お待ちしています」の、便りが届いた
そのお知らせにはいつも、さくらんぼの樹の前に一家が並んで写した写真が載っている
今日ブログ友さんのさくらんぼの記事を読んで
そのご家族の一番小さい一歳に満たなかったお嬢さんが可愛らしい少女になって写っていたのを思い出し
捜してみたがお知らせの葉書はどこにも無かった

そうだ…メールボックスでチラッと見てもういらないとダストボックスに捨ててしまったんだ…´◠`
ざっと数えて、8,9歳と言う所か…
長い歳月が流れているんだなあ~あれから…。◔‸◔。
さくらんぼ農園の方は心移りして他から取り寄せてると思っているかもしれないなあ…

今日は久しぶりの青空だ…まもなく暑い夏が来る


                         015.gif~☀
[PR]
by time2022 | 2015-06-21 06:55 | 日記

イカフライ

b0252727_1631021.jpg
b0252727_16331042.jpg

いつもはイカを開いて4等分にしてフライにし、足はゲソ天にするのだが
今回はロールイカが安かったのでロールイカでフライを揚げた…今日の一品
身が厚くて柔らかくて美味しかった!

「僕××と言いますけど…」と知らない声で電話があった
写真の個展を開くので招待状を送りました…と言う
“何?…××?誰だっけ…”心で戸惑いながら「主人ですか?…主人は亡くなりましたが…」と言うと
「存じてます…奥様にぜひ…いらして頂きたくて…」
“私に?…誰だこいつ…”「失礼ですけれど…」と言いかけると
「一度某所でお会いして…」“某所?…”確かに夫に連れられて行ったことがあるが…
電話番号も住所も知ってる…何で…ちょっと戸惑って「この番号は?…」と聞くと
「C子さんから住所も教えて頂いて…」
「あ、C子から…そうですか、ちょっと体調を壊していて行くのは無理と思いますが…」とお断りをした
C子の奴…*`∩´*胸の中に怒りがめらめらと込み上げてきた…人の電話と住所勝手に教えて…何て奴だ!
すぐにC子に電話を入れた
「は~い」と真の抜けた声で出てきた
「は~いじゃないでしょ!#`ε´ 今××さんと言う人から電話がかかってきたわよ!番号何で教えるのよ!」
「だって知ってたわよあなたの事…」「知らないわよ私!住所も教えたの!」
「だって知ってたわよ」「知りません!」
「何で…教えちゃいけないの?神経質ね」だって!私の方が分が悪くなりそうだ…
「何しろ誰に聞かれても言わなで!#`ε´」「わかったわよ!何よそんな事、行ってあげてよ」だって!
そして挙句に「近いうちに何処か行かない?」だって…「行きません!何処も!」
相手はちっとも悪いと思ってない…´◠`何処でこの怒り収めよう…ᕕ(→ܫ←)ᕗ⁾⁾ムカ~


                             033.gif031.gif
[PR]
by time2022 | 2015-06-19 06:44 | 日記

佐野洋子

b0252727_7391152.jpg

この世にはさしたる用などないのである
用はないが死ぬまで生きなくてはならないのである
時々あゝ生きているんだなという事が実感出来れば上々である
だから何なのだを積み重ねる事なのである
実感など気分なのである
ー“100万回生きた猫”の絵本作者佐野洋子の「問題があります」より

愛読書は内田百閒だって…なるほどね
内田百閒て黒澤明の「まあだだよ」のモデルになった人だよね…。◔‸◔。


                            015.gif023.gif   
[PR]
by time2022 | 2015-06-17 09:00 | 日記

ただ…ひたすら…眠くて

b0252727_8462216.jpg

今日はとっても眠くて…
何もする気が無くて…(¯―¯)zzz・・・寝ます


                           014.gif
[PR]
by time2022 | 2015-06-15 08:54 | 日記

海老と卵の炒めご飯

b0252727_16303221.jpg
b0252727_16313751.jpg

最近、炒めたり、炊き込んだり、混ぜたり…そんな御飯がマイブーム~♥♬
今日は海老と卵の炒めご飯…今日の一品!(。-ܫ-。)ムフッ♥…旨かぁ…

パソコンの動作が遅くって悪戯されてるみたいに使いずらいのでサポートセンターに電話をして調べてもらった
お気に入りのゲームがあったのだが…どうもそのサイトが問題らしい…→ܫ←ㆀ
そのページが悪さしてるみたいだから、そのページもう開かないで様子見てくださいと言われたので
今日は一切開かないでいたら快適!快適!いつも通りのパソコンに戻った…良かった!ᕕ(→ܫ←)ᕗ⁾⁾
でも…
大好きなゲームだったので…ちょっと、淋しい…o( ≖ˇ﹏ˇ≖)o
ホントかな~ゲームやりたいな~。◕ˇ_ˇ◕。ちょっと開いてみようかな…今度変になったら止めればいいし…
どうしようかな~…。◔‸◔。もう一度だけ…様子がおかしくなったらもう二度と開けなきゃいいわけだし…ˇε ˇ

悪い男から離れられないのってこんな感じかな~
何時でも別れられると思いながら別れられない…ジゴロに魅入られた女みたいだ…クッ>◡<ㆀ


                     010.gif012.gifいつだって忘れられるよ…そう思いながら続いちゃうのよね…
[PR]
by time2022 | 2015-06-13 04:29 | 日記

老女優

b0252727_6381938.jpg

新劇の老女優とホテルで会った
それは鄙びた東京近郊のホテルで宿泊の手続きでクロークに夫が行ってる時
ロビーのソファーに腰かけ手持無沙汰に周りを見渡した
名も無い安普請のホテルではあったがところどころが凝っていて、吹き抜けた天井がアーチ形になっていたり、階段の手すりに飾り彫りが施されていたりなかなか趣のある建物だった
が、木の階段の真ん中が擦り減り明らかに端の木目と色が違いかなり建物の古さは感じられた
そんな時に二人の老女が音も無く入口を入ってきた
地味な佇まいではあったが指の先まで洗練されたその趣に目が囚われてしまった
だいぶご高齢であったが背筋をスッと伸ばし、ちょうどチェックインの時間で何人かの客が手続きをしているその後ろにひっそりと寄り添うように立っていた
戻ってきた夫に「あの人たち…」と言いかけたが夫がどんどん歩いて行ってしまうので言いそびれたまま部屋に向かってしまった

2度目に会ったのはその日の夕食の時で、そのホテルの食堂で何組かがそろって食事をしているところへ遅れて二人が入ってきた
髪にターバンを巻いてロングのスカートを履いて装いを新たにしていた
用意されていた食事は明らかに皆と違っていて、フルーツと洋皿に卵料理が載っていて席に着くとナフキンを膝に置いて静かに食べ始めた
「ねえ、あの人たち何か違う…」と夫に囁くと興味無さそうに一度見てから手を止めてもう一度見ていた
「ね?何かさ…気取ってるわね」私は自分の興味と真逆のことを言うと
「う、うん・・・新劇の女優だよ…××座の幹部だよ」と言った
そお言われて見直してみると明らかに一人の人の顔に見覚えがあった
サスペンスドラマなどにチョイ役で犯人を目撃した老女や、下町の口うるさい噂好きの年寄りなんかを演じていた
夫は以前そこの劇団の仕事をしたことがあり、挨拶しようか迷っていたが「ま!いいや…」とそそくさと立って挨拶をしなかった
「あんなチョイ役なのに幹部なの?」と言うと「舞台は違うんだよ」と言った
あんなに大衆的な役をやる人が…あまりにも印象が違うので吃驚したのが本音で
その物静かな知的な老女に魅せられてしまった

そして翌日、チェックアウトする時に、又会った
車を呼んでいるらしく、入り口のドアの所に立っていて顔を合わさずに出るのはちょっと難しく
「ちょっと待ってて…」と言うと夫は挨拶に行った
初めチョッと怪訝な顔をしていたが急に艶やかな表情になり、握手をすると背中に手を回し久しぶりの愛人にでもあったような甘い表情になり燥ぐように夫に話しかけている
車が来て乗り込むまで夫の手を握り名残惜しそうに去って行った
「あんなに歓待されるほどの知り合いじゃないでしょ?」と私が言うと
「うん、ちょっと挨拶で会っただけだけど…劇団の人も大変なんだろ、チケットのノルマ何か有るし…」
「頼まれたの?」と聞くと「うん」だって…て事は一枚じゃないだろうね…(¯―¯٥)
これからチケットの売り先にしっかりインプットされたね…きっと…´◠`

しかし…女優は凄いな~三つの顔を見た


                            023.gif056.gif
[PR]
by time2022 | 2015-06-10 08:41 | 日記

2017年 11年目の海辺暮らしとなりました       黄昏て70才 撮りためた写真でその時思った事、今思う事等を、書き綴っていきますブログ内の写真イラストの使用を禁じます


by time