デイトレーダー

きっかけは2月半ばに「公開買付」と書かれたA4の封書が届いた事から始まる
宛名はtime宛…会社の名前に覚えがある

まだ東京にいた頃、銀行のカウンターで仕事をしていた顔見知りのM子さんと偶然街中で会った
最近カウンターで見かけないなあと思ったら「銀行辞めたんです」とM子さん
「産休取ってたんですけれどもね…子供ができても預ける所が無くて…結局…いろいろ考えて…意を決して銀行を辞めて家でできる仕事始めたんです…」と言った
お茶を飲みましょうと言う事になりM子さんから面白い話を聞いた
その頃一年で数億稼いだとか、とかくニュースになったネットの株取引のデイトレードを始めたと言う
「え~あの何億稼ぐとかいう!?… 凄~い」私は目を見張った 金融関係の仕事だった訳だからきっと得意なんだろうと思った
「私は何億も稼げないですよ…そんな資金もないし、でも、銀行の手取りぐらいはイケるかも知れない…まだ経験が足りないので…銀行員は株取引禁止だったんですよ、だから私もまだ手探り状態…でも、子供と一緒に居られるので…ちょっと頑張って見ようかと…」と笑った
後日、出産祝いを口実に友人とM子さんのお家を訪ねて取引真っ最中のお部屋を見せてもらった
2台並べたパソコン(凄い人は10台ぐらい並べて複数の証券会社と取引をしてるそうだ)の画面を操作するM子さんはカッコよくニヒルで「損切もだいぶしてるし…いろいろ精算してみると、トントンか…ちょっとプラスぐらい」M子さんは軽くいなしたけどけっこう余裕のある笑みを見せた
M子さんが格好良くて私と友人は恐ろしくもすっかり魅せられてしまった
帰り道も「凄い!M子さん、銀行にいるより好いって言ってたわよ」二人は興奮して、私は数日後にはネット証券に口座を開いてしまった
「私、デイトレーダーになる自分のお金でやる、迷惑かけない」と私
夫は何をやるにしてもあまり口うるさくない方だが、私は何か…ちょっと後めたかったのかそんな言い訳のような宣言した
「ほう…」と夫は構うように笑い「後で泣かないように気をつけなさいよ」とからかった
しかし、株用語も知らず、チャートも見よう見まねで、経済にめっぽう疎い私がいい結果を得られるはずもなく、買い時とネットで煽られては慌てて買って、買った途端…あっという間に下がっていく数字を見て「あ~下がる…」と悲鳴を上げ、下がって来るんで慌てて大きな損覚悟で売ると反発して値を上げて行ったり、散々で…上下する数字を眺めてため息ばかりだった
夫と外出の予定も結構入っていて、取引を一日している訳にもいかなくて(だから損失も少なく済んだのかも知れない…)自然、散々なトレードに熱も冷めて行った
私のデイトレーダー歴は2か月足らずで終わってしまい、私の2倍にも3倍にも為るはずだった僅かのへそくりはもろ消えてしまい、最終的にはある会社の株が残り、株価が下がり過ぎて売ることもできず、そのまま消滅するように取引の画面に入らなくなり、忘れ去っていった

今年2月その忘れ去った株を売ってくださいと「公開買付」のお知らせが届いたのだ
まして買った時より価格がだいぶ上がっていた
b0252727_10521226.jpg
エッ!?株…?あのぼろ株が売れるの…ときょとんとしてしまった
私は画面に入るパスワードなども忘れていたし、だいたいどんな風に取引していたのかも忘れていた
契約した証券会社との説明書を探し当て入ると、あゝそうだ、そうだとその頃の事を懐かしく思い出した

株取引の最低ラインではあるが、ちょっとまとまった資金が証券会社の口座に入った
て事は…むっくりと野心が目を覚ました…◝‿◜
あの頃は株なんて何も知らないで、買い煽り、売り煽りに右往左往したが今度はしっかりと会社の業績も調べられるように板も、チャートも読めるように勉強してあの時の悲惨な思いを晴らしたい…
今は実取引はまだまだ先で、イメージ取引の修行を始めた
さて私の野心は成功するか、返り討ちにあって深手を負うか…乞うご期待☝(๑’ᴗ’๑)~♪

[PR]
by time2022 | 2017-04-11 18:00 | 日記

2017年 11年目の海辺暮らしとなりました       黄昏て70才 撮りためた写真でその時思った事、今思う事等を、書き綴っていきますブログ内の写真イラストの使用を禁じます

by time