赤い糸…運命的な出会い

b0252727_11352652.jpg

ボリューミーでとっても美味しいが…なんか…罪悪感を感じる献立…マカロニカレーのチーズ焼き、今日の一品~(¯―¯٥)

夫の仕事場に立ち寄る仲間たちの中にN芸のまだ学生で写真家を目指していてるC君が居た
一時アルバイトで夫の手伝いをしてたこともあった
お公家さんのような顔立ちでひょろっと背が高く無口で必要な事以外、いや必要な事もしゃべらないような、誠実ではあったが…人見知りの私にはちょっと苦手な男の子だった
ある日、だいぶ遅くなってC君が珍しく酔って夫の仕事場に顔を出した
何時になく饒舌で、私にも話しかけてきたりしたので
「C君はどんな女の子がタイプなの?」と聞くと
「女王様…みたいな…上から目線で…Sキャラの女の子」と言う返事が返ってきて吃驚した
C君が大人しいのでそれを支える明るくてかわいい娘がお似合いと思っていたので、そんなマニアックな子が好きなのかと知らない一面を見たような気がした
男友達が圧倒的に多い夫の仕事場に何人かの出入りする女の娘たちがいた
モデルさんでイベントガールのような仕事をしている娘たちで
その中でもとりわけ目立ったのがA子ちゃんで…
我儘キャラを振り回し周りをあたふたさせるようなところがあり、意地の悪さが加味されて、年上の大先輩であっても容赦がなく仕事場などでも何回か人間関係のトラブルを起こしていた
そんなC君とA子ちゃんが偶然夫の仕事場で会った
自分の家来になりそうな人間を見分ける天性の嗅覚をもっていて、出会ったその日から「コーヒー貰ってきて…」と奥にいる私の所にC君をよこしたり自分の買い物をコンビニまで買いに行かせたりしていたらしい
「自分のものは自分で買いに行きなさい…Cは俺の知人なの…初対面で人を都合よく使うんじゃないよ」
と、夫に言われても、ふふん…とジッと「さあどうするの?」みたいにCくんを見つめていたらしい
見つめられたC君は「僕の買い物もあるから…」と、そそくさと買いに行ったらしい…

                 015.gif良い事か…悪い事か…二人は出会ってしまった…

[PR]
by time2022 | 2017-01-23 13:48 | 日記

2017年 11年目の海辺暮らしとなりました       黄昏て70才 撮りためた写真でその時思った事、今思う事等を、書き綴っていきますブログ内の写真イラストの使用を禁じます

by time