久しぶりの読書

好きな作家はたくさんいるが…
いっとき松本清張しか読まなかった時期があった
あの頃は書店に行くと松本清張の売り場が設けられているほどの人気作家で相当数の本が並べてあったがほとんど読んでしまって、
読んでない本を神田の古本屋さんで捜しては読んでいた
1950年代、60年代の頃の作品が特に好きで、やはり“点と線”“ゼロの焦点”などから読み始めたと思う
それでも膨大な作品群の一部でしかないだろうが…好きな作家の本をとことん読む癖があった
ノンフィクション物の平沢の帝銀事件も、木星号、白鳥事件、下山事件等も清張の本で読んだ、真偽はともかくとしてとっても面白かった
映画も放映されているのを知ると観に行った…後々ビデオでも観ていないのを見つけると必ず観た
あの時代のモノクロの清張の世界が良く描かれていて面白かった
今でもたまにテレビで何十周年企画とかで清張原作のサスペンスドラマが扱われるが、清張独特の、時代背景、社会性、流れる心理の描かれ方が私としては期待はずれなのだが、若い人と話していたら昔のは重くて嫌だ、今の描き方の方が軽くて良いという意見だった…そうか…
今はそうか…´~`

最近ね…最近では横山秀夫のサスペンスドラマが面白い
まだ、横山秀夫の本を読んだことが無いので、読んでみようかな…図書館に行って借りてこようかな
本が読みたくなったのってどれくらいぶりだろうか…。◔‸◔。
b0252727_7214591.jpg

                      027.gif久しぶり…だな
[PR]
by time2022 | 2016-05-18 07:55 | 日記

2017年 11年目の海辺暮らしとなりました       黄昏て70才 撮りためた写真でその時思った事、今思う事等を、書き綴っていきますブログ内の写真イラストの使用を禁じます

by time