訪問者

突然の訪問者は夜、食事の後
夫の祥月命日に友人から送られたバーボンを飲み始めたので
キッチンでつまみの野菜とチーズを盛って、クラッカーを抱えて行くと
手がグラスに伸びたままソファーで潰れていた…ナンダ…
夫の遠戚のおじさんで90歳になろうかというご高齢だ
血筋としては薄い方だが三社の大先輩で小さい頃からとても良くしていただいたらしい
近くに来たからと連絡が入った
こちらに用事のある甥のA君の運転で夫にお線香を上げようと同乗してきたらしい
夫を亡くした直後、私は精神的なダメージが強く一切外部との連絡を絶ってしまった…ちょっと正常さを欠いていた
夫を知る誰とも会いたくなかった…
今、私が落ちつきを取り戻してきたのを知って、お線香を上げようとA君の車に同乗してきたらしい
A君は用事を終えたら迎えに来る、一、二時間で戻る…と言っておじさんを残して出掛けた
大変な酒豪で、いつも夫と飲むのを楽しみにしていて夫をとても可愛がっていた
「D(夫の事)よ…そっちに行ったら祝宴を上げような…そう遠くないよ」と声を掛けていた
お酒を飲み始めたので支度をして戻るとソファーに潰れていた…と、言うよりちょっと口を付けただけで眠ってしまったらしい
おじさんも、歳を召された…
もう…あれから6年が経ったんだなあ…
b0252727_2129587.jpg


                                069.gif060.gif
[PR]
by time2022 | 2016-05-02 06:49 | 日記

2017年 11年目の海辺暮らしとなりました       黄昏て70才 撮りためた写真でその時思った事、今思う事等を、書き綴っていきますブログ内の写真イラストの使用を禁じます


by time