勝手知ったる他人の…理由

b0252727_4542896.jpg

以前(ずっと…以前)一時期、夫と北鎌倉に住んでいた事がある
直ぐ近くに有名人夫婦が住んでいて、その奥様とよく銀行で顔を合わせた
黒目の大きな美しい人でいつも沈んだ面持ちで疲れたように待合の椅子に座っていたり、ある時はボンヤリ硝子越しに佇んで外を見ていた
その頃、友人の鎌倉マダム達の間で、有名人夫婦のご主人が、鎌倉の、ある老舗商家のお嬢さんと”訳ありな仲”で今は殆どその商家のお家に暮らしていて、北鎌倉のお家に帰っていないらしい…奥様とは離婚話が進んでいるらしいともっぱらの噂で、鎌倉マダムの一人がその商家と懇意なので結構詳しい事情が伝わってきた
それからも、奥様とは相変わらず銀行でよく顔を合わせた…が、
どんどん痩せていくのがよく分り表情は一層暗く鬱々としていた
いつも遠くから見掛けていたがある時、隣同士に偶然座る事があり、あまりの憔悴ぶりに思わず「大丈夫ですか?ちゃんとお食事してますか?寝なくちゃ駄目ですよ…」と、声を掛けそうになってしまうほどやつれていく訳は分かっていた
横に座ってる見も知らない赤の他人の私が結構詳しく事情を知っているという考えてみれば大きなお世話で…有名人であるが故に相手には迷惑な話だっただろうけど…
その後事態は変わらず、有名人ご夫婦は別居状態のまま月日が過ぎ…
巷では、人の噂も七十五日でその話題にも飽きて、人の口にもあまり上らなくなり、いつか忘れ去られていった

先だってその有名人がゲストの番組があり”あら~珍しい…”と思って見てると
司会の人が「奥様もいらしてま~す!」と紹介されて…”えっ?…鎌倉のお嬢さん?と思って見ていると、出てきた人は…
黒目美女の奥様だった!…థ౪థ
すっかり別居から離婚と思っていたので吃驚!
二人は平凡に平和に年輪を刻んだ夫婦のように語り笑っていた
こんなに明るい人だったの?…と思うぐらい、黒目美女の奥様はあの儚さが消え、しっかり大地を踏みしめる逞しさで、過ぎしあの頃…懊悩に揺れる黒髪ははバッサリと切られ年相応の活発なショートカットであっけらからんと明るく笑っていた

「そうか、あの時…頑張ったんだ…」と思わず呟いてしまった…奥様は待ち続けたんだね→ܫ←ㆀ~❤


                      043.gif夫婦に歴史あり…だね
[PR]
by time2022 | 2016-03-26 07:25 | 日記

2017年 11年目の海辺暮らしとなりました       黄昏て70才 撮りためた写真でその時思った事、今思う事等を、書き綴っていきますブログ内の写真イラストの使用を禁じます


by time