母への想い

b0252727_7295021.jpg

今年の三が日は実は着ずらくて仕上げてから一度も袖さえ通さない編み物のリフォームをした
時間は気が遠くなるほどある訳で…一度仕上げたものを壊すのはちょっと…でも、着ないで仕舞ってあるのも気にかかる
去年から何度も袖を取ろうかな…と、思いつつ、解くのが抵抗あり結局そのままになっていたのを、えい!と解いたらいろいろなデザインが浮かんで夢中になってしまった…ᕕ(→ܫ←)ᕗ⁾⁾

私は、切ったり貼ったりの物作りが大好きで…結局使えないものにしてしまった事も数限りなくある…o( ≖ˇ﹏ˇ≖)o
そんな経験もふんまえて最近は根が続かないのであんまり奇想天外な事はやらなくなった
でも…今回の作り直しは面白かった!…wow!*✧成功!
そうなると…次の候補が…浮かんでくる…ʅ(。◔‸◔。)ʃ…さぁ?大丈夫かな…

私が物作りが好きになったのはいつも母に褒められた事かもしれない
どんなつまらないへたくその物でも良い所を見つけて母は「まあ!…上手ね…」と褒めてくれた
一番印象深いのは母からA、B、Cとアルファベットが踊ってる柄の布の切れ端を貰って、丸く切り抜いてチャックを手でぐるりと縫い付け丸いお財布らしきものを作った時で、所詮小さい子供の手縫いで荒く目も揃わず仕上げたものだったが、
母は「丸く作ったの?まあ、上手ね普通は四角く縫うだけなのに…丸く作ったの?…」と、とっても誉めてくれたので調子に乗ってしまった
母はそれを小物入れにしてずっと使ってくれた
そんな母の喜ぶ顔が私の物作りの切ったり貼ったりの原点かも知れない

小さい頃から褒められると何処までも上って行ってしまう性格…今も何も変わらない…三つ子の魂百まで…(๑´ლ`๑)フフ♡
側で褒めたたえて天まで昇らしてくれないと…何か…創作意欲が湧いてこない…ʅ(。◔‸◔。)ʃ
年とるとそんなめんどくさい事してくれる人居ないね…´~`

この本は大好きなアンティーククロッシェの本
かぎ針はあまりやらないのだが今年は編んでみようかな…。◔‿◔。



                       015.gif039.gif誰かに褒められたいなあ…もっと頑張るんだけどなあ
[PR]
by time2022 | 2016-01-10 07:40 | 日記

2017年 11年目の海辺暮らしとなりました       黄昏て70才 撮りためた写真でその時思った事、今思う事等を、書き綴っていきますブログ内の写真イラストの使用を禁じます

by time