げに恐ろしきは女の嫉妬

まだ学生の頃の話である
或る事務所に知り合いに頼まれて友人のA子がアルバイトに行っていた
条件は身元のしっかりした学生という事でA子に話が来たらしい
マンションの一室で、電話番のような仕事で暇で何をしていても好いと言われて結構続いていた
ある日、事務所が近くのビルに引っ越すので荷物まとめに人手が必要だからお友達たちに頼んで欲しいとA子が頼まれ、私達数人でお手伝いに出かけた
所長は肉感的な40歳前後のテキパキとした美しい女性でとても優しくて、すっかり私達はフアンになってしまった
同じマンションにもう一つ自宅の部屋があって、そこに所長のお母様がいらして体調が悪いらしく寝たり起きたりの生活を送ってらした
二部屋の引っ越しで荷物をまとめるのも結構大変だったし、翌日の引っ越しにも駆り出され近くとは言えど二日に渡っての大仕事だった
お母さんが所長の事を“ママ”と呼ぶので私達も名前にママを付けて“Eママ”と呼び、その二日間で所長とすっかり仲良しになって、それからも頻繁に事務所に遊びに行くようになった
行くとすごく歓迎してくれてケーキを買いに行って紅茶を入れてくれていろんな相談相手にもなってくれた
その事務所はとっても暇だったのだが、独り頻繁に出入りする人がいた
ある大学の先生でその先生の仕事の窓口にこの事務所がなっているようだった
二人の親しげな雰囲気で、すぐ恋人同士なんだと思った
先生にはご家庭があって、奥様がいらしたので公にはしていなかったが二人の仲は一目瞭然だった
これが身元のしっかりした学生が条件の所以だったらしい
得体のしれないアルバイトに自分たちの事情、仕事内容を詮索されるのが嫌だったのだろう
ある日、某ホテルの会場で先生のとある祝賀会があった
けっこう大きなパーティーのようで、Eママは「先生の教え子で将来の建築士たちがいっぱい来るわよ、有名な人達もいっぱい来るし、あなた達もいっぱいお洒落をしていらっしゃい」と招待された…と、思った
私達はその日の為に買い揃えたいっぱいいっぱいのお洒落をして楽しみに出かけた
Eママも訪問着で艶やかでいつもより輝いて場を取り仕切っていた
私達が着くとすぐ、これあそこに持って行って…とかあの方のお話し相手をしてとか指図されて、明らかに招待されたんじゃなくて、手伝いで呼ばれた感じで…Eママの計算された思惑にちょっとしてやられた感があった
A子は着物でちょっと遅れてやって来た
A子は小さい頃から日本舞踊を習っていて名取の免許も習得し、あらたまった席には必ず着物を着ていたので私達に違和感は無かったが、
Eママが来て「何でそんな恰好で来たの」と酷くお冠で「もう…とっても可笑しい…帰って洋服に取り換えてきて」とパーティーも、もう始まってるのに言いだした
「でも、A子はいつもパーティーなんかは、着物なんですよ洋服より、着なれているし…」と私たちが言ったが
「若いのに着物なんて、可笑しい…洋服に取替えて…」とその場を立ち去った
いつもA子を妹のように可愛がっていたのに様子が違っていた
A子はムッとして「取り替えろって家帰ってきたらもうパーティーなんか終わってる…これで遣る」とそのままでいると、少しして先生が来て「その辺の洋服屋さんで買ってらっしゃい…言う事を聞いて…洋服に取り換えて…請求はこっちに回して…」と言い残してまたあいさつに戻って行った
この大きなパーティーで先生までA子の装いにわざわざ触れてくるなんて…皆で顔を見合わせ、信じられないけどEママが自分より若くて着物の似合うA子に嫉妬しているとみんなが感じた
先生は仕方なく、機嫌の悪いママを宥めるため言いに来たようだった
お洒落は上司を超えちゃいけないんだという事を私達はその時しっかり学んだ
ママは鬼女のような面妖だったが…その出来事が過ぎると又、優しいいつものママに戻っていた
結局、A子は着替えずそのまま居続けたのだが、その事には、もう…一切触れなかったらしい

その後…Eママのちょっと違う部分を感じたことがあった
皆で恋愛観など話している時「私先生にすごく嫉妬した事があるの…」とEママが話し始めた
先生がまだ助教授の時代からのお付き合いで先生が教授になった時、普通は彼氏が出世することは付き合いのある女性としては喜ぶべき事なのだが、Eママは素直に喜べなかった…自分もそんな階段を上って輝かしい光に当たりたいと思ったそうだ、輝かしい場にいる先生に嫉妬した…とEママは話した
彼女は非常に野心家であったわけで、自分の存在を超えそうな若いアルバイトの存在すら許せなかったのかも知れない
げに恐ろしきは女の嫉妬…考えさせられる出来事だった
b0252727_910749.jpg


                          021.gif042.gif
[PR]
by time2022 | 2015-11-17 07:05 | 日記

2017年 11年目の海辺暮らしとなりました       黄昏て70才 撮りためた写真でその時思った事、今思う事等を、書き綴っていきますブログ内の写真イラストの使用を禁じます

by time