真実は…

b0252727_4512245.jpg

待ち合わせ場所に少し遅れてやって来たA子、対面の椅子に滑り込むように座って膝の上にクロコダイルのバッグを置いた
白のシルクのブラウスに大きいカメオのブローチ
腰回りがルーズな某ブランドの黒のパンツ、黒のエナメルの靴
クロコダイルのバッグが良く似合ってた
「ね!覚えてる…?このバッグ…」と、A子は意味ありげに小声で言った
私は答えずに「ㇷㇷ…」と、笑った
もう何十年も前銀座のアーケードの中の小さな店でこのバッグを見つけて三十万の値札を見て…これ、この値段じゃ買えない…買うわ…と言うA子
「思い付きで買うのは止めた方が良い…」と私は言ったが、その時のA子の心境を思うとあまり反対も出来なかった
A子はあまり迷わずに買った…ちょっと自棄買い気味…。◔‸◔。
後々、目利きの知人にクロコダイルの本物ならその値段じゃ買えない偽物だと言われたらしい
判断の一つとして本物だったらガラスの上でも滑るけど、偽物はガラスの上は滑らないと教えてもらったが
力加減で滑ったり止まったりしてよく分らなかったらしい
それからあまり使ってるのを見た事が無かったけど
今あらためて見ると小ぶりで設えの良い本物に見え、年相応で良く似合ってた
「あなたが気に入って買ったんだもの…本物ね」と言うと
今度はA子が「うん…」と頷いた後「ㇷㇷ…」と笑った

「気に入ってるんだからどっちでもいいよ…ね」
「他人事だと思って…」
「あ、やっぱり気にしてるんだ…」


                            044.gif045.gif

   
[PR]
by time2022 | 2015-04-26 05:51 | 日記

2017年 11年目の海辺暮らしとなりました       黄昏て70才 撮りためた写真でその時思った事、今思う事等を、書き綴っていきますブログ内の写真イラストの使用を禁じます

by time