自分を守るという事

b0252727_721111.jpg

小高い丘の稜線を歩いて行く遊歩道がある
夫と歩いている時は何とも気持ちの好い海を眺め市街地を眺め下しながら歩いたが
今は…結構怖い…థ౪థ
学生の朝練の集団に会ったり、散歩の人など結構行き交うのだけど、
ひょっとすると何分も何十分も会わないこともそう珍しい事でもない
その時は人里離れたこの遊歩道が結構怖い
この年になって感じるのだが…結構…だんだん、年追うごとに用心深くなっていく
ちょっと日常と違う事があると意味も無く微かに恐怖心を持つ
アクシデントに立ち向かう自信が無くなるからだと最近気が付いた

小学生の頃青山墓地が良い遊び場所になっていた
お墓の迷路のような道を3,4人の仲良しでかくれんぼや追っかけっこをして遊びまわった
そんなある日、男の人に突然追っかけられた
キャ~キャ~と逃げ回った あとちょっとで足首を捕まえられそうになりながら命からがら逃げ伸びた
こんな恐い事、親に知れたら叱られるからと言わないように皆で約束し、誰も親に言わず、
言わないどころか恐いもの見たさで翌日みんなで集まり少年探偵団気取りでそっと見に行ったりした
今も子供の事件などを見ると、大きな事件に繋がって行く事など思いもよらない好奇心で踏み込んで行ってしまうんだと思う
そんな不用意な事は結構大人になっても続いていて
夫の撮影について行って温泉に宿泊することも多かったが
寝付けない時なんかは夜中温泉に入りに行った…って言うよりある意味それが楽しみであった
誰もいなくてあの広い大風呂を一人貸切で、そのムーディーな照明に身体を伸ばしてその醍醐味を味わったりしていた
或る時、
その温泉は大風呂を出て俄か作りのような渡り廊下を行くと川がせき止められて露天風呂風になっていた
そこをみんな裸で、大風呂と露天風呂を行ったり来たりしていた
夜中、大風呂に浸かりながらふと露天風呂に行ってみようと思い、僅かな灯りを頼りにその川に身を沈めて
まわりの雑木林を眺め、そのミステリアスな気分を味わっていた
本人はアドベンチャー気分で最高だったが…
翌日夫に「いろんな蛇や猿が出て来るぞ夜中のふろ場が一番危険なんだぞ」と頭を突かれ、怒られた
考えてみたらまだ若かったし何と無防備だっただろうかと今は思える
まだ若く、自分を守れる自信があったのかも知れない
だから若い時って、若気の至りで何かをやらかしてしまうもんなんだね…今思うと…

この年に至って来ると…今日と同じ日が明日続くのが一番安心…(๑´ლ`๑)フフ♡



                                046.gif023.gif
[PR]
by time2022 | 2015-01-19 07:24 | 日記

2017年 11年目の海辺暮らしとなりました       黄昏て70才 撮りためた写真でその時思った事、今思う事等を、書き綴っていきますブログ内の写真イラストの使用を禁じます

by time