「じゃっね…」

「元気?・・・私…」K子から電話があった

えー!すごく吃驚した
学生時代からとっても仲良しだったK子
でも…どんなに急ぎの用事が有っても自分からあまり電話をしてこないK子に
「何で電話くれないのよ、急いでるのに!」と文句を言うと
「かかって来ると思って待ってた…」という返事 “何!…何で!…*`∩´*”
その事でよく言い争いをした
他の友人とは重なるようにお互いに電話連絡は欠かさなかったが…彼女とは一風変わっていた
K子はK子なりの論理があったらしいが
ま…電話は苦手という事になって、それからは私が電話を掛けていた
でも会えば活発過ぎるほど活発で社交性に富んでいる彼女が電話だけは不思議だった

時が流れ…それぞれが結婚をし違う人生へと歩きだして会う時間もだんだん取れなくなり出し
私は特に夫と出会いほとんどの時間を夫と過ごすようになり、
際だって友人達と疎遠になっていって、久しぶりの集まりにもほとんど参加しなくなっていった
それでもまめな友人からは間が開いても電話連絡があり、やっと何とか繋がっていたが
K子への連絡は私が殆どだったため連絡なしの状態が続いていた

「どうしたの…?あなたから電話なんて…」と聞くと
「電話あるかなと思って…待ってた…」だって!もう…三十数年の時が流れたと言うのに…
私も「あ!ごめんごめん電話しようと思ってた…」だって…
時の隔たりは何も無く、ケラケラと「今日ね、あのね・・・」と会話は続き、まるで昨日会ってたように話は続いた…
「じゃっね」明日学校で会うような軽さで電話を切った…じゃね…そうだね

自由が丘の”ファイブスポット”というジャズのライブハウスに知り合いのバンドが出ていたので
K子と二人でよく聴きに行った
日野皓正などが出演している時もあり、たまにナベサダが出たりしていた
そこで、いろんな出来事があって、その話で盛り上がった…(๑´ლ`๑)笑った
そのバンドはいつも…この曲で始まった…久しぶりだ、懐かしいなあ
Nina Simoneで「ワークソング」



                               071.gif060.gif
[PR]
by time2022 | 2014-12-17 05:58 | 日記

2017年 11年目の海辺暮らしとなりました       黄昏て70才 撮りためた写真でその時思った事、今思う事等を、書き綴っていきますブログ内の写真イラストの使用を禁じます


by time