待合室の木の椅子

b0252727_4102595.jpg
隣町まで海岸線の山間を縫って走って行くこの電車が好きである
トンネルを抜けると海があり、又トンネルを抜けて海岸線を走る…
その景色をぼんやり見てるのが好き
ホームに佇む古い待合室
電車を待つ夫が病院に行くために何度か座った木の椅子に…必ず腰掛けて電車を待つ
その椅子に座ると夫の絶望、温もりを何となく感じられて悲しく懐かしい…
辛いけどその椅子に座らずにはいられない…座ると夫に抱かれてる気持ちになる
電車の中から付かず離れず並行に走る国道が見える
元気な頃は夫とともによく走ったこの道
患ってからはタクシーで往復したこの道
いつもその絶望を思い出すのだが…
私に永遠の命がある訳じゃ無し…夫は先に往っただけ…間もなく私も往く
そう思って…又当てのない現実に戻るのである


                               025.gif026.gif
[PR]
by time2022 | 2014-07-09 04:20 | 日記

2017年 11年目の海辺暮らしとなりました       黄昏て70才 撮りためた写真でその時思った事、今思う事等を、書き綴っていきますブログ内の写真イラストの使用を禁じます


by time