信じられない…

『A管理人は体調不良の為、暫くお休みします
B管理人が暫く代理で務めさせていただきます』
ロビーの告知板に貼ってあったのを何日か前に見ていた
風邪でも拗らせたかなと思っていた
A管理人さんの事は何度かブログにも書いたが夫が健在の頃からいる方で、
夫を亡くした時
「僕ご主人の事大好きだったんですよ…元気か?っていつも声をかけてくれて…」
と、一緒に泣いてくれた人で毎日続けてお線香あげに来てくれた
「ご主人に”俺にもしものことがあったら女房の事くれぐれも頼むな…”と頼まれた
ご主人と約束したから何かあったら一番に助けに来ますよ」
って言ってくれた人で、
この海辺の町で誰も知り合いのいない私の唯一相談に乗ってくれた人だ
b0252727_21171984.jpg今日もまだお休みかな…奥に管理人の私室が付いてるのだがそこで寝てるのかしら?
と思ってるところに自冶会長さんが通りかかったので
「A管理人さんお加減はどうですか」と尋ねたら…
自冶会長さんは声を潜めて
「意識が戻らないまま…もう…ちょっと…ねえ…無理かもね…可哀そうだけどね」と言った…

えっ、倒れた…?…うっそお意識が戻らない!!! ༼༼@_@;༽༽ 
だってつい最近トイレの水の流れを直してもらったばかりで
ピザ焼いて届けたら美味しいって喜んでくれて…
意識が戻らないって嘘だ~༼༼๑→ܫ←p༽༽ 
頭の動脈瘤が破裂して、意識不明で入院しているンだって…
いつも喋ってた人が意識不明って結びつかない…

ご回復を祈りたい…。


                      008.gif002.gif
[PR]
Commented by じゅんこ at 2014-01-28 07:17 x
心落ち着かない思い、お察しします。。。以前、似たような経験をしました。住んでいたマンションの管理人さんは、まだ幼かった私の娘が、幼稚園で仲良くしていたお友だちのおじいちゃんでした。。。

都会の喧噪を離れ、海の見える街に引っ越されて8年とのこと。新しい土地で、少しずつ見知った方ができて、そこに根づかれつつあるのだなあ、と思いました。自分の世界を大切にできる日常でありながら、日々の挨拶やちょっとした立ち話ができる人がいる。。。すばらしいなぁと思います。心に響く文とすてきなイラストは、そうして熟成されたお心と感性から生まれたものなのでしょうね。
Commented by ば~ば at 2014-01-28 08:15 x
ホント、さっきまで何事も無く会話していて、まさかと思うようなことは事故に限らず病気でもありますね。
たぶん我が父と同じだと思います、突然倒れて意識が回復しないまま6時間ほどであっけなく逝きました。

だから、いまお会いできている瞬間を大事にと思って過ごすようにしています。
落ち着かないことでしょうが、ご自分の体調も乱されませんようにね。
Commented by time2022 at 2014-01-28 10:21
★じゅんこさん
とんでもないですよ「人と会いたくない病」が深く進行してます
夫を亡くしてから誰にも会いたくないので
友人達は私の事を病気だと言っております
でも誰にも会わなくなってから心が平穏になりました…(。-ܫ-。)ムフッ♥
Commented by time2022 at 2014-01-28 10:27
★ば~ばさま
本当に吃驚しました…救急車も来て運ばれたらしいんですが
何日も知らないで風邪かなと思ってた自分にも吃驚です
まだ40代の働き盛りで…信じられません
彼の生い立ちも聞いているし、幸せになってほしいのに…
Commented by ねこじゃらし at 2014-01-28 10:48 x
私は人に迷惑をかけずにあっけなく逝きたいと
いつも願っているのに親しい方がそんな亡くなり方をすると
寂しくて悲しくて心が痛いですね。
こればかりは神様のみぞ知る。ですよね。
管理人さんが苦しまれないことが一番の願いです。
timeさんが少しでも早く元気になりますように。
Commented by ~☆そよぎ☆~ at 2014-01-28 10:54 x
もう、なんとも言えない気持ちです。
信頼し、親切にしてくれていた人…、お察し申し上げます。
頼りにしていた人が、思わぬことになってしまったという、何とも表現のしようが無い、うつろな気持ちに。
運命と言うのでしょうか。
なるべく今日しておきたいことは、今日のうちにしておかねばならないのですね。
まだ生きて居られるつもりで、いつも先延ばしにしていることを反省しながら……。
Commented by ことり at 2014-01-28 15:25 x
本当に言葉がありません。きちんと検診していても、40代の若さでは脳ドックとかされていないだろうし?なにかそのような症状があったにせよ、驚きますね。
うちの会社でも、くも膜下で倒れて意識不明で危なかった人がいますが、3カ月で退院して、今も仕事しています。
祈るしかできないことが自分を腹立たしく思ったりしますよね。

timeさんは、人に会いたくない病が強いのですか?
私は逆に、人に会いたい、いてほしい病があります。
これは、私の生い立ちに影響というか、トラウマがあるのです。
前回の記事にコメント入れられなかったのですが、時間があるとき、私も自分の生い立ち、記事にしてみようかな??
顔が童顔なので誰も信じてくれないけど、普通ではない環境でした。
timeさん、あまり考えすぎないように、ご自分の心が明るくなるように祈ります。
Commented by minmona at 2014-01-28 17:18
鍵1本で生活できるマンション生活
隣の人はだれぞや?の閉鎖された中で
いってらっしゃい こんにちはと声を掛けてくれる
そんな管理人さんと挨拶するのは安心感をもらいますよね
お仕事はかなりきついと思います
住人のために一生懸命されていた管理人さん
きっと人に役立つ仕事をされていたこと
誇りに思っていたと思います
timeさん たくさん助けてもらっていたんですね
管理人さんに感謝したいですね

Commented by とんとん at 2014-01-28 17:24 x
お元気そのものだったご様子の方が
重篤の状態だなんてビックリされたでしょうね。
不安で落ち着かないでしょうけれど、望みが絶たれた訳では
無い様子なので、ご回復を祈りたいですね。
Commented by time2022 at 2014-01-28 19:10
★ねこじゃらしさん
ねこじゃらしさんと同じ気持ちです…☝(๑’ᴗ’๑)
仏壇で手を合わせる時は、そればかりお願いします
ただ、管理人さんはまだ若いので、回復をと願いますが…
この海辺の町を終の棲家と決めてますが思い出したように東京に戻ろうかななんて思います、ねこじゃらしさんの迷いよく分ります

Commented by time2022 at 2014-01-28 19:26
★そよぎさん
本当に吃驚しました、元気に話をしてたのに突然の事で…
こんなにも簡単に倒れてしまうなんて…無常を感じます
あとは神のみぞ知るという事でしょうか
若いので回復をと思います
Commented by time2022 at 2014-01-28 19:38
★ことりさん
夫を亡くしてから私は誰にも会いたく無くなりました
ことりさんはお若いのでまだまだみんなと楽しんだらいいと思います
私も若い時に一人で居るなんて考えた事ありませんでした
今は自分に一番いい状況がそれなんだと思います
Commented by time2022 at 2014-01-28 19:48
★minmonaさん
たくさん助けていただきました
私が人が苦手なのもよく分っていて対処してもらいました
彼に訪れた過酷な現実を克服するよう祈るばかりです
何が起こるかわからない…無常を感じます
Commented by time2022 at 2014-01-28 19:59
★とんとんさん
吃驚しました…何か生きて行く悲哀を感じます
今、彼は頑張っているのでしょうから…
私、とんとんさんの事心配してました、何かあったのかなって…
お元気そうなので良かったです、ちょっとねホッとしました
Commented by みかん at 2014-01-28 20:56 x
親しい方が重篤何て気が気ではないですね。
今は回復祈る以外に何も出来ないもどかしさが
有りますが、奇跡でもなんでもいいが
治ってほしいですね。
Commented by time2022 at 2014-01-29 05:55
★みかんさん
海辺の町で唯一話のできる方だったんで…吃驚しました
まだ若いしね、頑張ってほしいと思います
でもこの年齢になると自分の身も定かでなく…すべて…
神様のお決めになる事なんて運命論者の如く納得してしまいます
Commented at 2014-01-29 06:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by time2022 at 2014-01-29 06:56
★鍵コメさん
良かった!。◠‿◠。✿
きっとご連絡くださいね、待ってます…☝(๑’ᴗ’๑)
Commented by sola-1-sola at 2014-01-29 20:45
timeさんの旦那さまがいろいろ託した方なのに…
timeさんのお近くで、心が通じていた方なのに…
お若い様ですね。奇跡信じましょう!きっと復活できる日が来ることを。そしてtimeさんが笑顔でお迎えできる日が来ますように。
Commented by time2022 at 2014-01-29 22:49
★ sola-1-solaさん
その後どうなったかなとは気がかりですけど…
きっと頑張ってる事と思います
みんないろんな事情を抱えて、時は流れて行きますね
梅の蕾など見ると春はもう、そこって感じですね
by time2022 | 2014-01-28 06:30 | 日記 | Comments(20)

2017年 11年目の海辺暮らしとなりました       黄昏て70才 撮りためた写真でその時思った事、今思う事等を、書き綴っていきますブログ内の写真イラストの使用を禁じます

by time