b0252727_22252695.jpg

母を亡くした時、心の行き場が無くてただひたすら人形作りに没頭した
母を想う気持ちでいっぱいだった
母を愛していたのに…

母に対していつも懺悔と後悔が付き纏う
小さい頃から母への暴力を見て育った私は当然父とは上手くいかなかった
父といろいろ葛藤はあったにしても強引に家を出て一人暮らしを始めてしまった…あの時
地方から出てきて一人暮らしの若者は沢山いたが
都内に家があって、若い娘が家を出ると言うのは、その頃はかなり奇異な事で
普通の娘のする事ではなかった
小さい頃はピーピー泣いていた私も思春期を迎えると泣く事を止めた
叩かれても蹴飛ばされてもただ父をずっと見ていた
叩く父の目をずっと見ていた
父に対して感情を失った人間のように、口をほとんど聞かなくなっていた
それ程父との関係が重大なものになっていた
父は最終的には私の行動を無視をし、母は父から私を逃すように助けてくれた
私が生きがいであっただろう母を置いて、外へ飛び立ってしまった
母を顧みる事を忘れて…しまった
父のもとへ母を置き去りにしてしまった後ろめたさで…悔やまれ、苛まれる
この時の事は未だに懺悔と後悔で胸が痛くなる…


※少し忙しくしています。お返事が出来ないのでコメント欄を暫く閉じます
 訪れていただいた方は有難うございました
 日記から抜粋して予約投稿を続けますので… よかったら覗いてみてください


                             021.gif025.gif
[PR]
by time2022 | 2014-03-09 06:30 | 日記

2017年 11年目の海辺暮らしとなりました       黄昏て70才 撮りためた写真でその時思った事、今思う事等を、書き綴っていきますブログ内の写真イラストの使用を禁じます

by time